• Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
横浜市地震防災戦略

「地震防災戦略」は、平成25年度から34年度を対象期間としていますが、各施策の進捗状況を踏まえ、おおむね3年ごとに見直しを実施することとしています。制定から3年となる平成28年4月に、新規対策の追加など必要な見直しを行い、取組を強化する改訂をしています。
横浜市地震防災戦略

横浜市会では、いつ起こるかわからない大地震に、市民、地域、事業者、行政が一体となって備える機運を一層盛り上げ、大地震による被害を限りなく軽減し、一人でも多くの命が助かるよう「よこはま地震防災市民憲章」の普及啓発と、その着実な推進に向け強力に支援していくことを決議しました。
横浜市地震防災戦略
横浜市会BCP(業務継続計画)

横浜市会BCP(業務継続計画)とは、横浜市内で大規模災害等の 緊急の事態が発生した際に、 市民の生命、身体及び財産を保護し、並びに 市民生活の平穏を確保するため、総合的かつ機動的な活動が図られるよう、 横浜市会及び市会議員がどのように対応をすべきか、共通の認識を持ち、 議会としての体制の整備を行うものです。
横浜市防災地震マップ

地震マップは、平成24年10月に公表した「横浜市地震被害想定調査報告書」で、被害想定対象とした3地震の震度分布を図示したものです。  横浜市は、大地震のときに木造住宅が倒壊しないよう、住宅の無料耐震診断と耐震改修工事に対する助成を行っています。 無料耐震診断と耐震工事に対する助成のお知らせはこちらです。
横浜市会BCP(業務継続計画)

液状化マップは、平成24年10月に公表した「横浜市地震被害想定調査」で、被害想定の対象とした3地震の液状化危険度分布を図示したものです。

Recent Articles

議案関連質疑 横浜市公園条例の一部改正&公園施設の負担付き寄附の受納

議案関連質疑 横浜市公園条例の一部改正&公園施設の負担付き寄附の受納

今年3月15日、株式会社横浜スタジアム及び株式会社横浜DeNAベイスターズから、横浜スタジアムの増築・改修計画が横浜市に提出されました。この計画を受け入れる形で、今回、公園施設の負担付寄附の受納や、横浜市公園条例の一部改正の議案が提出されています。この事について本会議にて、公明党を代表して福島議員が質問に立ちました。

横浜公園の土地は国有地で、現在は、本市が国に支払う国有地使用料と同額を、株式会社横浜スタジアムから「使用料」として徴収しています。今回の条例改正では、プロ興行を開催する際に、株式会社横浜スタジアムが興行者から施設使用に係る費用として徴収する額の8%(約5000万円見込み)を、新たな使用料として市が徴収できることになります。この新たな収入は、花壇や樹木の管理に加えまして、多くの来園者の皆様に満足していただけるような、魅力ある公園づくりに活用すると市長は答弁。

計画で示されている6,000席の増席や、バリアフリー対応のためのエレベータの設置、公園の回遊性を向上させる回遊デッキの建設は、野球場を訪れる多くの野球ファンの皆様の期待に応えるとともに、公園利用者の利便性も向上させるものと思います。

また、株式会社横浜スタジアムなどDeNAグループと本市は、3月10日にスポーツ振興の強化などを目的とする「包括連携協定」を締結していますが、さらに今回、40年間の管理運営を担いたいとの提案を頂いたことは、DeNAグループが、今後40年間にわたり、この地で活動していくと宣言されたものであり、横浜スタジアムが地域のスポーツ・健康づくりの一大拠点となるものと期待するものです。

一方、横浜スタジアムのある横浜公園は、明治9年に開園した本市で最も歴史のある都市公園であり、市の中心部にありながら豊かな樹木と四季折々の花々にあふれ、落ち着いた日本庭園や遊具のある芝生広場まで備えた公園です。利用者も、近隣から遊びにくる子供たちから、周辺事業所で勤務される方、観光で訪れる方々と多様です。こうした、野球やスポーツファン以外の多様な利用者への配慮が必要との観点からの質問については、

横はスタジアムに、回遊デッキが設置されることで、安全性、利便性が向上するとともに、ジョギングや散歩をしたり、公園を眺めるビューポイントとなるなど公園利用者に楽しんでいただけると考えています。また、新たに増設されるスタンドや回遊デッキの下の地上部も利用できるなど、安全面も含め、公園利用者に配慮した計画となっている。横浜公園では、開港記念バザー、スプリングフェアなど様々なイベントが開催されます。このため、増築するスタンドや回遊デッキの下などを活用できる計画となっている。なお、工事期間中は、公園内の広場の一部が工事ヤード等に使用されることになりますが、イベントに配慮した対応に努めていくとの答弁。

関内の街並み形成における核となる施設としての考え方については、関内・関外地区は、早くから都市デザインの取組が行わている。街並みの誘導など、景観を大切にしたまちづくりを進めてきた。今回の計画は、街並みの連続性を意識し、高さを抑えるとともに、色彩や材質、形状などに工夫をしているので、新たなスタジアムは、関内・関外地区にふさわしい、歴史性も感じられる象徴的な施設になると考えていりとの答弁がありました。

リニューアル後も市民利用の継続もできること、オリンピックの野球の開催に向けても施設が充実することとなります。

 

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • Category
  • アーカイブ

横浜型配達弁当「ハマ弁」を試食