• Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
横浜市地震防災戦略

「地震防災戦略」は、平成25年度から34年度を対象期間としていますが、各施策の進捗状況を踏まえ、おおむね3年ごとに見直しを実施することとしています。制定から3年となる平成28年4月に、新規対策の追加など必要な見直しを行い、取組を強化する改訂をしています。
横浜市地震防災戦略

横浜市会では、いつ起こるかわからない大地震に、市民、地域、事業者、行政が一体となって備える機運を一層盛り上げ、大地震による被害を限りなく軽減し、一人でも多くの命が助かるよう「よこはま地震防災市民憲章」の普及啓発と、その着実な推進に向け強力に支援していくことを決議しました。
横浜市地震防災戦略
横浜市会BCP(業務継続計画)

横浜市会BCP(業務継続計画)とは、横浜市内で大規模災害等の 緊急の事態が発生した際に、 市民の生命、身体及び財産を保護し、並びに 市民生活の平穏を確保するため、総合的かつ機動的な活動が図られるよう、 横浜市会及び市会議員がどのように対応をすべきか、共通の認識を持ち、 議会としての体制の整備を行うものです。
横浜市防災地震マップ

地震マップは、平成24年10月に公表した「横浜市地震被害想定調査報告書」で、被害想定対象とした3地震の震度分布を図示したものです。  横浜市は、大地震のときに木造住宅が倒壊しないよう、住宅の無料耐震診断と耐震改修工事に対する助成を行っています。 無料耐震診断と耐震工事に対する助成のお知らせはこちらです。
横浜市会BCP(業務継続計画)

液状化マップは、平成24年10月に公表した「横浜市地震被害想定調査」で、被害想定の対象とした3地震の液状化危険度分布を図示したものです。

Recent Articles

第33回全国都市緑化よこはまフェアの開催

第33回全国都市緑化よこはまフェアの開催

100万本の花と緑で横浜を彩どる第33回全国都市緑化よこはまフェアが、3月25日に開幕。
主な会場の「みなとガーデン」は、山下公園・港の見える丘公園・日本大通りなど。「里山ガーデン」は、ズーラシア横に1万㎡の大花壇。テーマは“「歴史と未来の横浜。花と緑の物語」6月4日までの72日間の開催です。

全国都市緑化フェアは、国民ひとり一人が緑の大切さを認識するとともに、緑を守り、愉しめる知識を深め、緑がもたらす快適で豊かな暮らしがある街づくりを進めるための普及啓発事業として、昭和58年(1983年)から毎年、全国各地で開催されている花と緑の祭典です。都市緑化意識の高揚。都市緑化に関する知識の普及。国、地方公共団体、民間の協力による都市緑化の全国的な推進を目的としています。

名  称 第33回全国都市緑化よこはまフェア          
愛  称 ガーデンネックレス横浜2017
開催期間 2017年3月25日(土)~6月4日(日)(72日間)
会場構成 ・みなとガーデン(都心臨海部会場)
       〔山下公園、グランモール公園、港の見える丘公園、

       横浜公園、日本大通り、象の鼻パーク、

       新港中央広場、運河パーク〕
       ・里山ガーデン(郊外部会場)
       〔横浜動物の森公園植物公園予定地〕
主催者   横浜市、公益財団法人 都市緑化機構
運営主体 第33回全国都市緑化よこはまフェア実行委員会
想定来場者数 500万人

開催理念 『歴史と未来の横浜・花と緑の物語』をテーマに、美しい花と緑豊かなまち横浜の実現

開催主体  提唱:国土交通省
       主催者:横浜市、公益財団法人都市緑化機構
      運営主体:第33回全国都市緑化よこはまフェア実行委員会

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • Category
  • アーカイブ

横浜型配達弁当「ハマ弁」を試食