横浜市地震防災戦略

「地震防災戦略」は、平成25年度から34年度を対象期間としていますが、各施策の進捗状況を踏まえ、おおむね3年ごとに見直しを実施することとしています。制定から3年となる平成28年4月に、新規対策の追加など必要な見直しを行い、取組を強化する改訂をしています。
横浜市地震防災戦略

横浜市会では、いつ起こるかわからない大地震に、市民、地域、事業者、行政が一体となって備える機運を一層盛り上げ、大地震による被害を限りなく軽減し、一人でも多くの命が助かるよう「よこはま地震防災市民憲章」の普及啓発と、その着実な推進に向け強力に支援していくことを決議しました。
横浜市地震防災戦略
横浜市会BCP(業務継続計画)

横浜市会BCP(業務継続計画)とは、横浜市内で大規模災害等の 緊急の事態が発生した際に、 市民の生命、身体及び財産を保護し、並びに 市民生活の平穏を確保するため、総合的かつ機動的な活動が図られるよう、 横浜市会及び市会議員がどのように対応をすべきか、共通の認識を持ち、 議会としての体制の整備を行うものです。
横浜市防災地震マップ

地震マップは、平成24年10月に公表した「横浜市地震被害想定調査報告書」で、被害想定対象とした3地震の震度分布を図示したものです。  横浜市は、大地震のときに木造住宅が倒壊しないよう、住宅の無料耐震診断と耐震改修工事に対する助成を行っています。 無料耐震診断と耐震工事に対する助成のお知らせはこちらです。
横浜市会BCP(業務継続計画)

液状化マップは、平成24年10月に公表した「横浜市地震被害想定調査」で、被害想定の対象とした3地震の液状化危険度分布を図示したものです。

Recent Articles

横浜市 近代水道創設130年

横浜市 近代水道創設130年

横浜市の水道開設は、日本の近代水道の幕開けです。本年は、近代水道創設130年にあたり、横浜市では、記念事業を実施します。この事については、29年度予算特別委員会の局別審査で質問もしています。

開港後、戸数わずか100戸ほどの小さな村であった横浜の人口は年々増加し、市街地は急激に発展しました。当時の住民は水を求めて井戸を掘りましたが、横浜は海を埋め立てて拡張してきたため、ほとんどの井戸水は塩分を含み、良質な水に恵まれず、水の確保が大きな課題となっていました。

そこで、水不足の解消に向けて、英国人技師ヘンリー・スペンサー・パーマー氏の技術指導の下で当時の最先端の技術を導入し、明治20(1887)年に日本初の近代水道が、ここ横浜に誕生しました。

その後は、関東大震災や第二次世界大戦の大きな被害を乗り越えて、人口の増加や給水区域の拡大、産業の発展に伴い急増する水需要に合わせ、ダムなどの水源開発と8回にわたる水道施設の拡張工事を進めてきました。

そして、今日、水道は大都市横浜の市民の暮らしを支える重要な都市インフラとなっています。

本年は、横浜の水道が創設されて130年を迎える節目の年にあたります。現在のように、いつでも安全な水が使えることや、また、国際技術協力や災害時の復旧支援への積極的な取組など、横浜市水道局の高い技術力は、130年間の歴史の積み重ねの結果です。

近代水道創設130年記念事業を実施については以下の水道局長からの答弁がありました。

これまで水道事業の発展に様々な形でご協力をいただいた市民の皆様、 関係者の皆様への感謝の意を、記念事業として実施する様々な事業の中で、お伝 えしたいと考えています。 また、水道への関心が必ずしも高いとは言えない状況にありますので、市民の 皆様の身近な問題を取り上げ、関心を深めていただきたいと考えております。 更には、24 時間 365 日の安定給水を維持するために、水道局が日々行っている 取組というのもお伝えしたいと考えています。市民の皆様の身近なところで毎日のように行っ ております水道工事の仕組みや、老朽管更新の必要性をご理解いただくため、工 事現場見学会を実施したいと考えています。 また、安全な水をお届けするための浄水場の日々の取組を知っていただくため、 普段は見ることのできない浄水場の内部や水質検査の様子を見学していただく 浄水場の特別見学会なども実施したいと考えております。

私も「蛇口をひねれば、いつでも安全な水が出る」とこういう当たり前を維持 するために、水道局が日々行っている取組を市民の皆様にもっと知っていただき たいと思っております。 そこで今回の記念事業を通して、あるいは災害対策などの市民の皆様の関心の 高い話題をきっかけにしながら、水道局の日々の取組や、施設の老朽化などの水 道事業の課題もあわせてお伝えしたいと考えております。こうした取組によりま して、市民の皆様に水道事業の実態を知っていただき、理解を深めていただける よう努めてまいりたいと考えております。

保土ヶ谷区川島町にある横浜水道記念館を今回初めて訪問しました。ひしゃく一杯の水が貴重な時代から、日本で初めての近代水道の創設(明治20年)、そして現在に至るまでの歴史を資料・映像展示等で紹介しています。
 技術資料館では、水道の技術的な資料の整理保存と技術の移り変わりをわかりやすく展示しています。
 横浜市のほぼ中心地の高台に位置し、横浜ベイブリッジ、ランドマークタワーなどの風景が楽しめます。晴れた日には、宮ヶ瀬ダムや東京スカイツリーも見渡すことができる展望室が自慢の一つ。また、春には桜に包まれる「いこいの広場」もあり、水道と市民のふれあいの場として親しまれています。一度足を運んで貴重な歴史に触れていただきたいとも思いました。

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • Category
  • アーカイブ